2018年05月16日

こころの味

FullSizeRender
花祭りの時にいただいたもの。
「こころの味」を大切にする家庭

手料理のことですよね。母親が作った料理というのは忘れないものです。どうしたら喜んでくれるだろうか、どうしたら食べてくれるだろうか、いろんなことを考えながら料理するものです。
何でも手に入る今だからこそ、大切な言葉のように感じます。自分が食べたいと思う料理と息子たちが食べたいと思う料理は違います。育った時代も環境も違いますから。
食べたいと思う料理...シンプルなものばかりですが、自分の味覚と勘で作ってみるしかありません。当たり前に食べていたもの、今では滅多に食べれないものとなりました。
作り方だけ母に聞いておかなくては。