2018年06月14日

柏崎と言ったら...

IMG_5103IMG_5104

海になるのだろうか。
でも、一番に出てくるであろう言葉は原発なのではないかな。世界一の原子力発電所なのですから。
今回の県知事選でも悲しくも争点となってしまいました。すぐに無くなるのであれば原発ゼロとか再稼働反対でも言えること。しかし、廃炉にするには何年もの時間がかかります。ましてや使用済み核燃料の処分場所も決まってない。決めることは決めて原発を無くして行くことがベストなんだと思う。
そうするには資金が必要です。そうなると動かして廃炉のために資金を作らないといけないのではないだろうか。同時に新しいエネルギーの研究も進めて行く。新潟の海にはその資源があるのだからそれを活かさなくてはもったいない。
口で言うのは簡単だけど、一基づつ廃炉にし、その敷地内に新たなエネルギー施設を建設していく。新たなエネルギーを使いつつ原発を無くしていく。柏崎には2つの大学があります。その大学も利用して原子力や新エネルギー分野の学部を作り、専門家を育て卒業と同時に柏崎の現場に入ってもらうようなシステムができたらいいのにと思う。
車や機械って動かさないとダメになってしまいますよね。きっと原発も同じだと思う。動かさない方が危険のような気もします。動かして廃炉の準備資金を用意して新エネルギーに変更していく。動かさなくてもあるものはあるのだから、決めることは決めて早く進めて行かないといつまでも同じことでどんどん危険になってしまうのではないだろうか。素人な意見なのでスルーしてください。
東電も力が無いかも知れないけど、新エネルギー開発へと方向転換してもよいと思う。

IMG_0956ここが新たなエネルギーの場所に変わってくれたら良いのですが...